大阪アールリサイクル大阪 | エンジン等の点検

エンジン等の点検

バイクの査定時の確認において、車体フレームと同様に重要なのがエンジンといるでしょう。
まず、エンジンは実際に始動を行って、その音を聞くことから始めます。
クランクの辺りからゴロゴロといった異音が聞かれたり、エンジンヘッドの部分からコトコトとした異音が聞き取れることがあります。
こうした異音が聞かれるエンジンは、決して状態の良いエンジンとはいえません。
特に、クランク辺りからの異音は、クランクの損耗が激しいことが理由であり、エンジンの寿命を早めることに繋がってしまいます。
また、エンジン内部で最も過酷な状態に晒されている点火プラグも、重要なチェックポイントとされてきました。
但し、最近では、メンテナンスフリーの点火プラグも増えてくるなど、点火プラグの脱着も容易ではなくなって来ています。
特に、最近のバイクは点火系がデジタル制御化されることで、点火系の装置が壊れる可能性も低くなっています。
因みに、点火プラグの点検は、中心電極と側方電極のギャップを確認する作業になります。
または、点火プラグの電極周辺にある、絶縁ガラスの焼損度合いをチェックすることで、交換のタイミングを見極めます。
その他にも、エンジン等の確認に合わせて、エンジンオイルやブレーキオイルといった油脂類のチェックも重要です。
油脂類はエンジンを正常に動作させる為に、欠かすことの出来ないものです。
もしも、エンジンオイルが不足した状態で、バイクを長く動作させていたならば、エンジンの損耗も激しくなっていることが推測できます。


出張買取地域 大阪府全域・大阪市内でリサイクルショップが出張買取致します

【 大阪市内 】
【 大阪府下全域 】